切削条件について

フライスの切削条件

まずは、現在使用中のフライス・カッターのスペック、回転数等をご入力いただき、現在の切削速度を計算してみましょう。その後、MRTが推奨する標準切削速度(下記の表参照下さい)と、比較してみてください。

注)推奨する切削速度はあくまでも参考です。ワークの種類、マシンの性能や切削条件によって変化します。詳しくお知りになりたい場合は、弊社技術スタッフまでご連絡下さい。

  • mm
  • r.p.m.
m/min

被削材、フライスの材質をご確認いただき、下記の表で比較してみてください。

■切削速度 V(m/mim)

被削材フライスの材質
代表材種 高速度鋼(ハイス)超硬
鉄鋼炭素鋼極軟鋼S10C 30~6060~130
軟鋼S30C 40~6080~130
半硬鋼 S40C 35~5570~110
硬鋼 S50C 30~5060~100
最硬鋼SK5 25~4050~80
快削鋼鉛   快削鋼付加記号L 45~70100~150
イオウ 快削鋼付加記号S又はSUM 50~80110~170
ステンレス鋼フェライト系ステンレスSUS430 30~6560~130
マルテンサイト系ステンレスSUS420J2 20~5550~120
オーステナイト系ステンレスSUS304 15~5040~110
特殊鋼高マンガン鋼SCMnH21 5~1515~30
高速度鋼SKH51 15~3035~60
工具鋼SK2 20~3060~90
合金鋼SCM430 35~5070~110
鋳造品チルド鋳鉄  5~15
合金鋳鉄  5~1515~35
球場黒鉛鋳鉄 FCD50 15~3535~60
普通鋳鉄 FC20 20~5045~100
可鍛鋳鉄FCMB32 20~3040~70
鋳鋼SC46 25~40 50~80
非鉄金属銅合金C1100 40~10080~250
青銅BC2 70~100150~250
黄銅C2600 100~250200~350
軽合金シリコンアルミニウム合金AC3 25~4050~80
アルミニウム合金A2017 120~200250~400
アルミニウムA1100S 150~400300~500
マグネシウム合金MP1 200~600400~1200
 チタンTR35 10~3020~60
コバルトニッケル・合金 ステライト   7~15
ハステロイ X   10~20
インコネル X   15~30
ニッケルNNCP-0 10~25
非金属   熱硬化性プラスチック   80~130180~250
熱可塑性プラスチック   150~220300~450

■1刃当たりの送り Sz(mm/刃)

高速度鋼フライス0.01mm~0.04mm
超硬メタルソー0.005mm~0.02mm
con-img1

D:フライスの外径(mm)
N:フライスの回転数(r.p.m.)

con-img2

Vf:送り速度(mm/min)
Z:フライスの刃数
N:フライスの回転数(r.p.m.)

フライス加工におけるトラブルに対する指針

■切削速度選択の指針

次の場合には遅くする次の場合には速くする
  • 寿命を重視する場合
  • 非削材が硬いときあるいは摩耗に強い表皮を削り取らねばならない場合
  • 荒加工の場合
  • 一般的に新規の仕事に着手する場合
  • 摩耗の進行が急激な場合
  • 被削性のよい材料の場合
  • 高度の仕上げ面が必要なとき、すなわち仕上げ削りや精密仕上げの場合

■1刃当たりの送り量選択の指針

次の場合には小さくする次の場合には大きくする
  • 取付け不安定な被削材、薄肉ないしは不安定な材料の場合
  • 薄く不安定なフライスで切削しなければならない場合
  • 高度の仕上げ面が必要なとき、すなわち仕上げ削りや精密仕上げの場合
  • 切刃がチッピングを起こす場合で送りを下げても最小送りを下回らないとき
  • 深溝を削る場合
  • 強固に取付けられた被削材重切削
  • 被削性のよい材料または硬い黒皮があるが中が割合に軟らかい材料の場合
  • 断続した被加工面の場合
  • 逃げ面摩耗が急激に増大する場合
  • 機械がビビル場合

試削の条件から変更する必要がある場合は切削速度、送り、切込み深さを調節して下さい。これらはあくまでも一つずつ変えていかねばなりません。もし試削の条件で十分である場合も、より能率向上の点から問題が起こるまで条件をあげ、それから安定な切削限界までにさげそれで切削して下さい。必要があれば、取付具を補強して下さい。