代表のご挨拶

弊社は切削工具、スリワリフライス、メタルソーの専門メーカーとして昭和21年に創立し、長年にわたり豊富な経験と優秀な製造技術を持って製作しましたMRT製品は、切れ味、耐久力、精度の点で他の追随を許さず、いまや国内外にもその真価が認められ、おかげさまで多くのユーザーの皆さまから非常に好評を博しております。

大切なのは、創業以来守り続けている「貴精密」の理念。

私たちがつくるメタルソーとは、鉄鋼、繊維、自動車などあらゆる産業分野で活躍するフライス盤、マシニングセンターといったマシンに組み込まれる金属カッターです。製品一つひとつは、手のひらサイズで軽くて薄い製品ですが、精度、強度、耐久性などの品質、多種多様なニーズや厳しい納期管理に対応できる技術力は、トップブランドとして国内外に広く認知されています。それを支えるのが、1946年(昭和21年)の創業以来、一貫して守り続けてきた「貴精密」の理念、すなわち「品質は良くてあたりまえ」の精神です。

納期と品質は絶対です。メーカーである以上、当然のこと。

品質、納期は絶対守る。メーカーである以上、それは当然のことです。私たちは「あたりまえ」のことをごく普通に守ることに、企業の存在価値を見出してきました。それにはまず、社員一人ひとりが熟練したプロの技術者でなければなりません。品質や精度を守るために時間と労力をかけ、わずか数枚単位の注文にも対応する。納期厳守のためにロスを極力、少なくする。その結果、数ミクロンの誤差も見逃さず、製品ロスは限りなくゼロに近づけ、一枚から数千枚の単位まで一度に生産できる体制が整ったのです。

「安定雇用」と「熟練技術」

時代は今、雇用や賃金の見直し、人員削減といったいわば痛みの伴う改革が経営の重要課題であるかのように叫ばれています。しかし私は「安定雇用」に裏付けられた「熟練技術」こそが、MRTの最大の武器だと考えています。私たちの技術は、産業界を席巻するようなハイテク分野ではありませんが、国内外を代表するマシンメーカーに認められる品質、精度、納期に対応した極めて高いオリジナリティを有しています。それを支えているのが「人」です。どんな人でも、訓練すれば必ず熟練者になれるようとことん指導・教育しています。


個人差はありますが、一人前になるまでに最低でも5年以上はかかります。しかし時間はかかっても、技術は決して人を裏切りません。当社には勤続30年、 40年を超える技術者が何人もいます。安定雇用と技術の習得が、強いバックボーンになっている所以です。経営的にも、景気に左右されず、そのぶん高い品質と精度を維持する環境づくりに専念できます。製品は海外にも供給していますが、拠点進出までは考えていません。社員数は115人。高い精度やオリジナリティを維持するにはいまの規模がベストだと考えています。

村田隆幸