よくある質問

よくあるご質問やご意見をご紹介し、その疑問や質問に、MRT技術の立場からお答えしています。

ハイスとは?

ハイスとは一般的な工具鋼で「ハイスピードスチール」の略称です。
日本工業規格 (JIS) においては、「JIS G4403」として13種の高速度鋼が規定されています。この中で高速度鋼は番号に先立つ記号「SKH」で識別されています。これは、Steel、Kougu(工具)、High-speedのそれぞれ頭文字を取ったもので、その内のSKH2・SKH10・SKH51・SKH55・SKH59の各鋼種が代表的です。

材質は、炭素鋼(カーボン)を基本とし、クロム、モリブデン、タングステン、パナジウム、コバルトなどを配合した合金材料です。

材料硬度は、HRC(ロックウェル硬度)で64~68が主で、実際に加工する被削材に応じて配合を変えることができるため、幅広く製造現場の要求に対応することができます。特徴としては、一般的な鋼材、アルミ、ステンレスなど汎用性も高く、オールマイティな工具鋼と言えます。

超硬合金とは?

超硬合金とは、通常は炭化タングステンとコバルトを粉末冶金した合金のことで、ダイヤモンド、セラミックに次いで3番目に「硬い材質」と言われています。
この超硬合金を利用した工具は、特に超硬工具と言われ、弊社のメタルソーをはじめとした切削工具も超硬工具の一つです。

特徴としては、耐摩耗性、耐熱性に優れ、高硬度の鋼から鋳鉄まで幅広い被削材の高速切削で、切削時間を大幅に短縮することが可能です。

ハイス製品に比較して、振れ、面粗度等高い精度で加工されていますので、切削面の仕上精度が改善されます。また、耐摩性にすぐれていますので工具交換のサイクルを伸ばしコスト低減がはかれます。

ツールライフを伸ばすには?

切削速度を低速にすることに加え、刃物にコーティングを加えることをお勧めしています。

コーティングの一例として、TiNコーティングがあります。
TiN被覆は、母材(ハイス、超硬)に比較し、抜群の耐熱性、耐摩耗性、耐溶着性をもっていることから、カッターの性能、寿命が飛躍的に伸び、より高速での加工が可能となります。

フライスの適した切削速度とは?

ご使用中の刃物の材質(超硬、ハイス)、また被削材によって、適した速度があります。
まずは、当サイトの「切削条件について」のページより、現在使用中のフライス・カッターのスペック、回転数等をご入力いただき、現在の切削速度を計算してください。
その後、同ページの切削速度表(推奨表)をご覧いただき、適した切削速度をご確認ください。

製品の納期はどれくらいですか?

カッターの種類、材質などによって変わりますが、最短で1週間という短納期でご提供しています。通常は、2週間~4週間です。
詳しい納期につきましては、お問い合わせください。